定  款

    
会長 村田 憲彦   常勤顧問 藤野 洋
副会長 芳我 孝雄 普及担当(兼本部長) 顧問 秋葉 武志
副会長 谷古 善和 東京五輪担当 顧問 東  晃
副会長 草間 雅子 競技担当 顧問 荒川鐡太郎
理事長 月村 繁雄 顧問 五十嵐清夫
理事 福井 徹 競技本部長 顧問 磯  信吾
理事 池上 勝也 都体協担当 顧問 犬塚 健二
理事 濱中 康平 強化本部長 顧問 岩崎 洋三
理事 渡邉 世祐 管理本部長 顧問 上野 裕芳
理事 川崎 健治 競技本部担当 顧問 宇田川重雄
理事 中島 大祐 競技本部担当 顧問 岡野  貢
理事 國光 正浩 競技本部担当 顧問 海東 一郎
理事 中村あかね 競技本部担当 顧問 輿 寛次郎
理事 長谷川遼子 競技本部担当 顧問 佐藤  裕
理事 市来 豊 普及本部担当 顧問 鈴木 慶子
理事 高城 彰吾 強化本部担当 顧問 高井 逸彦
理事 小田島 薫 管理本部担当 顧問 舘  次郎
理事 稲垣 邦康 管理本部担当 顧問 檀上 敏夫
理事 柴山 益男 財務・危機管理担当 顧問 寺下  聡
顧問 寺田 喜宣
顧問 畑  弘恭
顧問 畠山敬四郎
顧問 引田 周平
顧問 宝閣 威夫
審判長 中島 大祐 顧問 松葉 信彦
顧問 山浦  博
事務局 山﨑佳奈子 顧問 山口 雅生

(平成28年11月30日現在)

沿革

一般社団法人 東京都ボート協会の歩み

東京都漕艇協会が公式に発足したのは、1948 年2 月12 日のことでした。これ以前にも1920 年6 月、日本漕艇協会が設立され、実質的には東京の大学が中心となってわが国のボートの活動が展開し、昭和3 年日漕に関東・関西支部が設けられてからは、関東では関東漕艇協会、戦後には関東漕艇連盟の名前で競技が行われました。昭和21年に国体が誕生し、最初は関東代表が出場しましたが、第2 回からは東京都代表が出場するようになり、昭和23 年新たに東京都漕艇協会が関東漕艇連盟から独立設置されました。

平成22(2010)年5月、公益法人制度改革に伴い、「一般社団法人東京都ボート協会」となりました。

沿革詳細PDFダウンロード

沿革補遺PDFダウンロード

右クリック⇒対象をファイルに保存、または名前を付けてリンク先を保存して下さい。

 

お問合せ