競漕大会は選手が主人公ですが、競漕大会を運営する役員の中で選手に最も間近で役割を担うのが審判員です。皆様も審判員として競漕大会に参加してみませんか?

 さて日本ボート協会が定める公認審判員資格には、C級、B級、A級、参与および名誉審判員の5種類があり、公認審判員になるには、先ず以下にご案内するC級審判員試験を受験し合格しなければなりません。
審判員資格は日本全国どこでも通用するものであり、委嘱を受ければどこにでも出かけて審判業務を行うことができます。またB級審判員資格を取得すれば、国際審判員資格を取得する道も開かれるので、将来はオリンピックの審判員を務めることも夢ではありません。今回のC級審判員試験は、以下の要領で実施しますので奮って挑戦してください。

   試 験 日: H29年7月29日(土) 10:00~16:00予定(受験者人数により変動)
   場  所: 戸田公園管理事務所(戸田市戸田公園5-27)
   条  件: 18才以上で且つ正常な視力と聴力を備えていること。
          ボートの競技経験は不問。
          (尚、原則満65歳に達したものは参与審判・名誉審判を除き資格を喪失する。)
   試験要領: ①競漕規則解説(受験ポイントの説明)10:00~12:00
          ②第1次試験(筆記)13:00~14:00
          ③第2次試験(口頭試問)14:00~15:00
          ※09:45までに会場に集合のこと。
          ※口頭試問終了後その場で採点、講評をするので原則としてそのまま待機のこと。
          ※終了時刻は、受験生の総数により16:00~17:00頃となることがある。
          当日準備するもの: ■写真(胸像写真カラー・白黒双方可、縦4cm×横3cm)1枚
            ※裏に希望所属協会名、氏名を記入のこと
     ■試験料金\1,000(当日支払、領収書発行)
     ■「競漕規則」「審判員の心得と号令・動作」「公認審判員規定」
       (日本ボート協会のホームページhttp://www.jara.or.jp/jara/
        に掲載されている最新版を印刷して持参のこと)
     ■筆記用具(HB鉛筆又はシャープペン、プラスチック消しゴム)
     ■昼食(最寄りのコンビニまで徒歩10分)
      受験申込:東京都ボート協会事務局にe-mail(又は電話・fax)にて申し込むこと。
      (e-mail: info@tara.or.jp、℡03-3481-2328、fax03-3481-2552)
      ※平成29年7月10日(月)締切とするが、その後の申し込みも受け付ける。

           H29年度第2回C級審判員募集のご案内   H29年度第2回C級審判員試験申込書

<審判員登録の流れ>

C級審判員試験終了後、1ヶ月前後で結果を郵送致します。
合格されましたら、登録のご案内を同封させていただきます。登録手続きに関しましては東京都ボート協会事務局にて代行させていただきます。

C級審判員登録諸費用 
 (登録時)
 新規登録料 5,000円  初回登録時に東京都ボート協会に振込後
公益社団法人日本ボート協会にて登録手続  
 事務手数料 4,000円 
 (更新時)
 更新手数料 4,000円  次回更新希望者は更新時支払(2年更新)

審判の服装は紺色のブレザーとグレーのズボンと規定されていますので、見合うものをご用意下さい。靴は、動きやすいもの(スニーカー等)が良いと思います。
帽子、制式ネクタイはC級登録時に支給されます(登録申請後、東ボ大会時に支給します)
制式シャツ(ブルー)は、公益社団法人日本ボート協会にて購入可能です。

     審判頒布品申込書

詳細は公益社団法人日本ボート協会の『公認審判員規定』を参照下さい。

お問合せ

関係者入り口